【セブ島トラブル】給湯器が故障

Sponsored Link

長期宿泊中のゲストから連絡が!

先日、「Solinea Tower 3」ユニットに長期滞在中の宿泊者様から「Bath Roomの給湯器から警告音がなっている」と連絡が入りました。ちなみに英語で給湯器は「Water Heater」、警告音がなっているというのは「Beep=ビーッという音を出す」という単語で表現する事が多いです。

直ぐにSolineaのエンジニアに連絡を入れ(*基本、高級コンドミニアムには担当のエンジニアが常在しています)、部屋に見に行ってもらったのですが、どうも給湯器自体に問題があり、その場ではどうする事もできないという返事が..。まだ今年の初め頃に設置したばかりなのですが..😢。

KOSUKE
KOSUKE
新品の給湯器が1年未満で故障するなんて…

MEMO①

今回は違いましたが、フィリピンではコンドミニアムの電圧や水圧の問題(低下)により給湯器から警告音がなる事があるようです。

フィリピンはガス給湯器ではなく電気給湯器

MEMO②

フィリピンのコンドミニアムではガス使用を禁止されていますので、ガス給湯器ではなく電気給湯器です。コンロも同様で、ガスタイプではなく、電気タイプ=ITコンロになります。給湯器もIHコンロもデフォルトの状態(新築ユニットの完成引き渡し時)では設置されていない事が多く、その場合は自分たちで設置をする必要があります。

Sponsored Link

トラブル対応 ~どのように対応したか~

上記に書きましたようにSolineaのエンジニアでは対応不可だったので、直ぐに現地不動産エージェントの新谷さんに連絡して、奥様のMary Annさんに給湯器の販売元に問い合わせてもらいました。このようなトラブル時に即座に対応してくれる現地で頼りになるパートナーがいるのは大きいです。

セブのアットホームな不動産屋さん

 

まだ購入設置から1年以内で保証期間内だったので、次の日に無料でユニットに来てもらう事になりました。と言いましても簡単に次の日に来てくれる確約が出来たわけではありません。Mary Annさんがかなり交渉してくれたようです。ありがたい限りです。

交渉して急いで修理者に来てもらった理由は..

  1. 給湯器が使用できないという事は、宿泊者は水シャワーしか浴びれないという事を意味します。宿泊者からは「全然水シャワーで大丈夫だよ」という言葉をもらっていましたが、迷惑を長くかけるわけにはいきません(既に迷惑をおかけしていますが)。
  2. また偶然にも次の日はルームクリーニングを予定していた日でした(*長期宿泊者の場合は、スタッフに定期的にルームクリーニングに入ってもらっています)。
KOSUKE
KOSUKE
尚、当然の事ながら問い合わせ時には、購入時のレシートを見せる必要があります。レシートは僕が全て保管していますので、レシートをSCANしてMary Annさんに送りました。

修理当日

修理当日も新谷さん夫婦に立ち会ってもらいました。重ね重ねありがたい限りです。

修理点検中の様子①

修理点検中の様子①

給湯器が故障!

修理点検中の様子②: 蓋を開けて点検中

蓋を開けて調べてもらった結果、「Heating Board」を取り換える必要があると言われました。Heating Boardがどのような物か良く分かりませんが、手元には無いようで、後日(明日)再訪問という事になりました😲。Mary Annさんに宿泊者に説明&許可証をSolineaオフィスで作成してもらいました(*許可証を作成する事により、新谷さん夫婦が次回は立ち会う必要がなくなります)。

後日、修理が無事終了したという連絡を頂きました!

かかった費用

Under Warranty = 保証内だったので、無料でした。保証内で無料修理に来てもらう場合、レシートで購入日を証明する必要がありますので、レシートは全てしっかりと保管しておきましょう!Heating Board以外にも一部の部品を取り換えたようです:

フィリピンで不動産を管理するという事は..

上記のようなトラブルが多々起こるという事です。残念ながら、全体を通して日本クオリティにはまだ達していないのです。僕は何度も当サイトで主張していますが、セブで不動産を購入する場合、購入時より完成後の方が何倍も大変です。最初の購入サポート料金サービス内でここまでアフターフォローをしてくれるセブ不動産エージェントは、新谷さんたちだけだと思います。セブで不動産購入される場合は新谷さん夫婦に依頼する事を強くお勧めします!

 

日本ブログ村ランキングに参加してみました!応援クリックいただけますと嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ