【セブ不動産】タワー1より2, 2より3..クオリティ⤴

Sponsored Link

フィリピンのコンドミニアムプロジェクト

フィリピンでは、1つのプロジェクト内で同エリア(又は近郊)に複数のタワーを建設する事がよくあります。巨大プロジェクトですと、タワー1の完成から最終タワー完成予定時期まで、10年ほどかかる事もあります。

例を書きますと、セブITパークに位置しています「Avida Towers Riala」は最終的にタワー5まで建設される予定ですし、マンダウエの「Mandani Bay」なども10年プランで複数棟が建設予定です。

Avida Tower Riala 完成イメージ

Avida Towers Riala 完成イメージ

徐々にクオリティがアップ

過去のコンドミニアム建設ケースを見ていますと、タワー1から2、3、4.. と開発が進むにつれ、建物や設備のクオリティが上がっていく事が多いです。開発業者(=デベロッパー)も下請けの建設業者も、経験を重ねる上でブラッシュアップしていくのだと思います。当たり前と言えば当たり前ですね(笑)。

こちらも実例を書きますと、セブビジネスパークに位置しています「SOLINEA」は既にタワー1〜3までは完成、現在タワー4が建設中です。先日、ソリニアのユニット所有者の方たちと会食したのですが、「タワー1より2、2より3の方が設備が良い。現在建設中のタワー4は3より良くなるのではないか」という話になりました。実際にユニットを所有している人間たちがそう思うのだから、間違いないかと思います。

T3のエントランス。T1&2より良いです。

T3のエントランス:T1&2より良いです

これは何も建物や設備のクオリティだけでなく、サービス面でも言えるかと思います。数を重ねる内に、契約やクリーニング、管理など全ての面でスムーズ&効率的に進められるようになっていくはずです。

Sponsored Link

プレビルド案件購入時も!

以前の投稿内で、中古コンドミニアムを購入する場合、「契約前に一度購入検討をしているコンドミニアムの民泊ユニットに宿泊する事をお勧めします」と書きました。契約前に施設の事前チェックをするためです。これは、先行して既に完成済みのタワーが存在するプレビルド案件でも同じことが言えるかと思います。

中古物件購入時のポイント

 

前述のAvida Towers RialaやSOLINEAは既にタワー1~3まで完成済みで、現在タワー4をプレセール中です。もしタワー4又は5の購入を検討されている方がいたら、既に完成済みのタワー1~3に宿泊すると良いと思います。絶対ではないですが、既に完成済みのタワーのクオリティに満足なら、現在建設中または今後建設予定のタワーのクオリティにがっかりする可能性は低いはずです。