【アフターコロナ】セブ不動産購入の最適な時期について

Sponsored Link

セブエリアは9月からMGCQへ規制緩和

既報の通り、セブエリア全域(セブ市、マンダウエ市、ラプラプ市、他)は9月1日からModified General Community Quarantine(MGCQ)に規制緩和されました。GCQ期間中は営業を禁止されていた多くのビジネスも営業再開できるのではないかと思います。

セブエリア全域はMGCQへ規制緩和

セブエリア全域はMGCQへ規制緩和

MGCQで営業規制が緩和

 

MGCQへ規制緩和されましたが、引き続き海外からの渡航は厳しく制限をかけられています。これはフィリピンに限らずですけどね!ただし世界的な流れとして、経済活動再開に向けて舵を切りだしている国が増えてきていますので、世界各国の自由渡航も年内~来年初頭には解禁されるのではないかと期待しています。

現在のフィリピン不動産状況 by コリアーズ

少し前に不動産サービス会社「Colliers コリアーズ」が2020年第2四半期のフィリピン不動産のレポートを発表しました(*主にマニラ不動産についてのレポートですが、セブエリアにも当てはまるケースが多いかと思います)。細かいデータは詳しく分析解説している方にお任せするとして、当サイトではレポートの要点だけ以下で簡単にまとめます:

コリアーズ第2Qレポート要点
  • パンデミック&ロックダウンの影響を受け、第2四半期は新規コンドミニアムはほとんど供給されなかった。結果、2020年を通しても新規コンドミニアム供給数が大幅に予定より減少予定。
  • 4~6月のGDPは▲16.5%と統計開始以来最大の下落を記録。
  • コンドミニアムの空室率も上昇中。2020年年末までには、14.6%まで空室率が上昇すると予想(2019年は約11%)。
  • 不動産価格は年末までに▲13.8%と下落予想
  • 平均賃料も下落予想(▲4.5%)
  • 来年以降(2021年~)は、不動産価格&平均賃料共に徐々に回復していくだろうと予想
KOSUKE
KOSUKE
経済を半年近く止めてしまった影響は年内は免れないという事でしょう。影響が市場に反映されるには時差がありますからね。しかし2021年からはフィリピン賃貸&販売市場とも回復していくと予想していますね☺!
Sponsored Link

セブ不動産の販売/賃料価格の回復時期

現在、渡航制限を設けられている事また経済活動を制限されている事により、投資家達の購買意欲が低下している状況かと思います。多くの方々は、とりあえず様子見というスタンスではないでしょうか。

また今回のコロナショックでフィリピン撤退した企業も当然ながら存在します&撤退はしなくても、外資系企業の駐在員たちの中には会社命令で一時帰国している方たちが多くいると思います。それらも空室率の上昇に繋がっているかと思います→販売価格&平均賃料価格に大きく影響をしているはずです。

MEMO

需要>供給なら価格は上昇しますし、需要<供給なら価格は下落するのが経済の基本的な考え方です。

 

そうなると、やはり「国内の他エリア及び海外からの渡航制限が完全に解除されるタイミング」がセブ不動産の大きなターニングポイントとなりそうです。経済活動が完全再開&自由渡航が可能になりましたら、「賃貸空室率が改善⇒平均賃料は回復」していくでしょうからね。比例して、不動産価格も回復していくと期待出来ます。

セブ不動産適正購入時期 by 個人的な意見

個人的な意見ですが、現在〜年末/年明けにかけてかと思います。現在マーケットを活性化させるため、多くのデベロッパー/転売者は買い手に有利なキャンペーンを提供しています。しかしデベロッパーも転売希望者も景気回復傾向を感じた時点で、強気な価格設定に戻して勝負してくるかと思います。今は一時的に買い手市場になっていますが、回復傾向に入った段階で売り手市場に戻る可能性が高いです。という事は、景気が回復気配を見せるギリギリ前の状態が底値という事になります。株でもFXでも、仮想通貨でも同じですが、投資案件は底値で仕込むのがベストです。

セブ不動産投資に興味を持っている方は現在からのセブ経済や不動産業界の動向を注意深く追っていくと良いと思います。当サイトでも、興味深い情報は常に情報シェアしていく所存です!

コロナ禍でセブ不動産を購入された方も!

セブ不動産エージェントの新谷さん夫婦のクライアント様の中には、コロナ禍真っ只中の4〜8月期間でセブ不動産を購入された方が複数人います。ちなみにこの時期に契約した全員が日本在住でノールックでの購入のようです。購入された案件を聞きましたら、確かにかなりリーズナブルな価格のリセール案件でしたり、デベロッパーがとても魅力的な条件のキャンペーンを提供している案件でした。

「不動産はタイミング」と良く言いますからね。購入タイミングが早かったか遅かったは誰にも分かりません。結果として、後々分かる事です。狙っているコンドミニアムで、良い条件で情報が上がってきたら検討してみると良いかもですね!

渡航なしでセブ不動産を購入契約する手順

とは言っても..

殆どの方が内見なしでの購入には抵抗があるかと思います。多くの方は自分の目で確かめてから契約するか否かを決めたいはずです。実際、僕の元にも「入国ができるようになったら、セブ不動産ツアーをお願いしたい」という問い合わせが多数来ております(*現在、僕は新谷夫婦が提供しています不動産ツアーの日本相談窓口になっています)。

渡航制限が解除されましたら、僕も早い段階でフィリピン入りする予定です。タイミングが合えば、僕も新谷さん夫婦が主催するセブ不動産ツアーに同行したいと思います。基本プライベートツアー(個人または家族や友人たち同行のみ可能)ですが、当サイトで人を集めてグループツアー開催も良いかなと思います。ツアー参加者同士色々と情報交換出来たり、繋がりが出来るのは、将来セブエリアで不動産投資運営する上で大きなメリットになるかと思います☺。ツアー料金のグループディスカウントも可能かと思います。

KOSUKE
KOSUKE
セブ-日本が自由に行き来できる日々が早く戻ってくることを願っています!
セブ不動産ツアーについて詳しくはこちら