フィリピン版ウォシュレット(3タイプ)

Sponsored Link

先日の投稿

先日、以下LINK添付の投稿内で「フィリピン・セブでもTOTOのウォシュレットトイレの設置が可能」とお伝えしました:

TOTOウォシュレット in CEBU

 

上記記事を投稿後に複数件のお問い合わせをいただいたのですが、多くの方が「価格面について」「ノズルへの目詰まりについて」の2点を気にしていました。

製品のクオリティに関しては、TOTOのウォシュレットトイレが世界一である事は間違いないです。ただしお値段がお高い!上記記事内でお伝えした通り、TOTOのウォシュレットトイレを設置する場合、+電気工事費ですからね。また目詰まり対策でフィルターの小まめなメンテナンスも必要です。フィリピンでTOTOウォシュレットを設置するのは、価格よりクオリティ重視の富裕層の方かと思います。

今回はTOTOのウォシュレット付トイレの代用品となる「フィリピン版ウォシュレット」を紹介したいと思います!

MEMO ①

厳密に言いますと「ウォシュレット」はTOTOが販売する温水洗浄便座の商品名であり、TOTOの登録商標です。今回は便宜上、フィリピン版ウォシュレットと書かせていただきますが😆

フィリピン版ウォシュレット

TOTOウォシュレットの代用品①

フィリピン版ウォシュレットトイレ

TOTOウォシュレット代用品①

全体図

全体図

このタイプ(金属製のホースにエアガンみたいなレバー式の物)はフィリピンではよく見かけます&フィリピン版ウォシュレットでは一番ポピュラーな形かもしれないですね!上記写真ではトイレタンクのサイド部分にはめられるようになっていますが、トイレの脇に付いている事もあります。まぁー、ウォシュレットというよりはシャワーホースですね(笑)。お尻を洗うだけでなく、トイレ周りの掃除にも使えそうです。

MEMO ②

ウォシュレットという名称がTOTOの登録商標である事はMEMO①で書きました。上記のお尻シャワーの事をフィリピンではBidet = ビデと呼んでいます。フィリピンでは洗浄便座の事を総称してBidetと呼んでいる人が多いです。TOTOウォシュレットの場合は、ビデ=女性用、お尻=男女共用という分け方をしていますので混同しないように注意です(* フィリピンでもそのような分け方をしている商品もあります)

フィリピン版ウォシュレットトイレ

出典:英辞郎 on the WEB

Lazadaで「bidet toilet」で検索するとこんな感じです↑

Lazadaで「bidet toilet」で検索するとこんな感じです↑

KOSUKE
KOSUKE
めちゃくちゃ安いですね(笑)。SM MallやWilconなどでも購入可能です。実店舗で購入しても1000ペソくらいかと思います。

MEMO ③

今回紹介する全てのフィリピン版ウォシュレットは電気工事不要&水道直結で、比較的簡単に設置できます。ここがTOTOウォシュレットと大きく違う点ですね!自分で設置する事も可能なようですが、難しいと感じる人は購入ショップのスタッフ又はコンドミニアムのメンテナンススタッフに設置を依頼すれば良いと思います。設置費用は多少かかると思いますが、電気工事に比べれば安価で、手間もかからないはずです。電気と繋げていないので、出てくる水は冷たい&便座ヒーター機能はありません。

TOTOウォシュレットの代用品②

TOTOウォシュレットの代用品②

TOTOウォシュレットの代用品②

設置するとこんな感じみたいです!

設置するとこんな感じみたいです!

オンラインショップではこのタイプもたまに見かけます!実際に設置しているトイレは見た事ないです。これも電気ではなく、水圧を利用してノズル部分から水が出るようです。角度調節がどこまで出来るか分かりませんが、右側についているダイヤル調整で水を当てる箇所をビデ(女性用)かお尻どちらかに選択できる商品が多いようです。

ビデ 0R お尻

ビデ 0R お尻を調整

KOSUKE
KOSUKE
使用したことがある方にぜひ感想を聞いてみたいですね!

価格はオンラインショップで~1000ペソで販売されている事が多いです。こちらもSM MallやWilconなどの実店舗でも購入可能と聞いています。

~1000ペソで購入可能: クオリティは?です!

~1000ペソで購入可能: クオリティは?です!

TOTOウォシュレットの代用品③

TOTOの「ECO WASHER」スタイルのフィリピン版ウォシュレットも購入可能です(* TOTO ECO WASHERも購入可能)。ECO WASHERに関しては日本語で詳しく書いているサイトが沢山あるので、ぜひ「TOTO Eco Washer」や「エコウォッシャー」で各々リサーチしてみてください!簡単に言うと、水道管から水を取り、操作を手動で行うウォシュレットです。

TOTO Eco Washerはフィリピンでも購入可能!

TOTO Eco Washerはフィリピンでも購入可能!

Eco Washerの使い方

Eco Washerの使い方

少しネットリサーチをかけたところ、他メーカーの類似品も購入可能な事が分かりました=マニラのWILCONでAmerican Standard製の「Slim Smart Washer Ⅱ」を購入&レポートされている日本人の方がいました。価格は購入当時で3,999ペソだったようです。Eco Washerの半額以下ですね!許可を得ていないのでLINKを貼りませんが、とても分かりやすくまとめられていた記事でした:「フィリピン ウォシュレット」でGoogle検索すると、トップに上がってくるので詳しく読みたい方は検索してみると良いと思います(とても参考になりました。ありがとうございます☺)。

MEMO ④

東南アジアのホテルには、TOTOのEco Washerを設置している事が多いです。少し前にセブ不動産エージェント新谷さんのクライアント様がジャカルタのホテルに宿泊した時もEco Washerが設置されていたようです。設置も簡単ですし、シンプルな構造なので同じTOTO製品でもEco Washerの方がウォシュレットより壊れにくいのかもしれませんね。

ジャカルタのホテルでもEco Washer!

ジャカルタのホテルでもEco Washer!

Sponsored Link

僕がセブで自分の住居用に設置するなら..

仮に僕がセブに移住して自分の住居用のユニットに設置するなら、少し奮発してTOTOのウォシュレット、またはTOTOのECO WASHERにすると思います。僕は日本人なので、TOTOに対するLOVEと信頼度があります(笑)。その次の候補がEco Washerの代用品ですかね。個人的に一番ないのが上記「TOTOウォシュレットの代用品①」のお尻シャワー(Bidet)ですかね(笑)。あれならいつも旅行中に持参するTOTOの携帯ウォシュレットで良いかなと思います。

KOSUKE
KOSUKE
あくまで個人の一意見です。どの商品も一長一短あると思います。今回の記事が現在又は今後フィリピンで洗浄便座設置を考えている方に少しでもお役に立てば幸いです:-)

 

日本ブログ村ランキングに参加してみました!応援クリックいただけますと嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ